トップ画像 トップ画像 レスポンシブ
代表メッセージ
タウ・トランスレーションの
みと

Written by Shohei Taniguchi

西新宿書斎

 代表の谷口です。タウ・トランスレーションはおかげさまで創業から数えて14年目、法人化して9期目(2019年8月現在)を迎えることができました。これも、創業以来ご縁のあったお客様、登録翻訳者・チェッカーの皆さん、そしてスタッフのお陰と感謝しています。また、振り返ればこれだけの年月が経過したこともあって、ようやくというべきか弊社も事業者としての輪郭がはっきりしてきたようにも感じています。
 そこで今回は、このタイミングで一度タウ・トランスレーションがどのような翻訳会社であり、その主任翻訳者でもある私自身が翻訳者としてどのようなキャリアを歩んできたかについて書いてみようと思いました。翻訳会社としての弊社のあり方をより具体的にご理解いただけることもあろうかと思いますので、「タウ・トランスレーションとは一体どのような翻訳業者なのか」とご興味のある方は読み進めていただければ幸いです。


テキスト テキスト レスポンシブ

 タウ・トランスレーションでは、今でも弊社で請け負った翻訳業務のうち相応の部分を代表取締役である私が担っています。専任の営業マンもいませんし、登録翻訳者の数も20名程度ですのでとびきり多くはありません。
 以前は「しっかりしたオフィスビルに入居して従業員を何人も雇うことが優れた事業者になるということだ」と思っていましたので、その通りにやっていた時期もありました。しかし、こと翻訳という業態においてはそういう従来的な会社観へのこだわりはお客様にとっても自社にとってもメリットにならないということに気付き、現在ではいわゆる「ヒト」と「ハコ」はミニマムな構成として各自が責任業務に集中できる体制を取っています(詳しくはこちら)。

弊社は小さい会社ですが、
弊社のお客様はとても大きいです。

 一部取引実績に掲載させていただいている会社様を含め、弊社と継続的にお取引をいただいているお客様には各方面で日本あるいは世界を代表するような企業・ブランド・団体様が大変多くいらっしゃいます。私たちは、小さくともお客様ニーズに直接対応する「フロントエンドの翻訳会社」として、これだけのお客様に選ばれてきたことを誇りに思っております。

Strengths & weaknesses
弊社の翻訳サービスは、決して安くありません。

 弊社ではエコノミー、スタンダード、プレミアムの3つの料金プラン(校閲・ネイティブチェックのオプション含めて厳密には4プラン)をご用意させていただいております。費用感としては、エコノミープランは「リーズナブル」、スタンダードプランはいわゆる大手と呼ばれる翻訳会社よりも「気持ち安め」で料金と品質のバランスに優れており、プレミアムプランについては品質重視で「かなり高額」になるというイメージです。
 弊社のお客様は大半がスタンダード以上のプランでご発注いただいているため、小さいからといってコスト勝負で営業しているわけではないのです。
 事実、ありがたいことに弊社では「他社よりコストがかかっても」と継続的にプレミアムプランでの指名発注をいただくことがとても多いです。翻訳サービスには相性がありますから、すべてのお客様に100%満足していただいているということはないかも知れませんが、あえて他社よりも高い金額でご発注いただけることは高い評価の裏付けだと考えています。


お問い合わせ お問い合わせ  レスポンシブ

代表プロフィール

谷口翔平
代表取締役/主任翻訳者

  • Saint Martin's University 社会学科社会人類学部 卒業
  • 立教大学大学院独立研究科
  • 日本通訳翻訳学会会員
代表